« ASP.NETのTreeViewにXMLをバインドする | トップページ | Atlasを使った、じゃらんWebサービスサンプル »

2006年10月17日 (火)

ASP.NETのTreeViewにXMLをバインドする その2

昨日、TreeViewにXMLデータをバインドするサンプルを書きましたが、XMLが名前空間で修飾されている場合、 あれだけではうまくバインド出来ません。

XmlDataSourceのXPathを設定してバインドする部分を指定していますので、
/ns:Data/ns:Node
のように指定したいところですが、XmlDataSourceには名前空間を指定するプロパティなどが用意されていないようで、 こういった指定が出来そうもありません。
仕方ないので他の方法を探したのですが、Transformプロパティに以下のようなXSLを設定して名前空間を取り除くことで、 とりあえずバインドする事が出来るようです。
(もっと良い方法があれば、コメントください)

<asp:XmlDataSource ID="dataSource" DataFile="~/Data.xml"
    XPath="/Data/Node" runat="server">
    <Transform>
        <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
        <xsl:stylesheet version="1.0" xmlns:xsl="http://www.w3.org/1999/XSL/Transform">
           <xsl:output method="xml" version="1.0" encoding="UTF-8" indent="yes"/>
           <xsl:template match="*">
              <xsl:element name="{local-name()}">
                  <xsl:for-each select="@*">
                     <xsl:attribute name="{local-name()}">
                        <xsl:value-of select="."/>
                     </xsl:attribute>
                  </xsl:for-each>
              <xsl:apply-templates/>
              </xsl:element>
           </xsl:template>
        </xsl:stylesheet>
    </Transform>
</asp:XmlDataSource>


実際の動作例として、じゃらんWebサービスエリアデータをバインドするサンプルを作ってみました。
じゃらんWebサービスでは、温泉や宿の情報を地域別に取得できるのですが、返されるXMLは、
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<Results xmlns="jws">
    .....
</Results>
のように、名前空間が付加されています。
このデータを、上記の方法でTreeViewにバインドするためのaspxファイルは以下のようになっています。
<%@ Page Language="C#" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" 
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">

<script runat="server">

</script>

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
<head runat="server">
    <title>TreeView Example 2</title>
</head>
<body>
    <form id="form1" runat="server">
    <div>じゃらん Webサービス エリアデータ</div>
    <div style="border:solid 1px black;width:300px;">
        <asp:TreeView ID="areaTree" ExpandDepth="0"
            DataSourceID="dataSource" runat="server">
            <DataBindings>
                <asp:TreeNodeBinding DataMember="Region"
                    TextField="name" ValueField="cd" SelectAction="Expand"
                    PopulateOnDemand="True" />
                <asp:TreeNodeBinding DataMember="Prefecture"
                    TextField="name" ValueField="cd" SelectAction="Expand"
                    PopulateOnDemand="True" />
                <asp:TreeNodeBinding DataMember="LargeArea"
                    TextField="name" ValueField="cd" SelectAction="Expand"
                    PopulateOnDemand="True" />
                <asp:TreeNodeBinding DataMember="SmallArea"
                    TextField="name" ValueField="cd" />
            </DataBindings>
        </asp:TreeView>
    </div>
    
    <asp:XmlDataSource ID="dataSource" 
        DataFile="http://jws.jalan.net/APICommon/AreaSearch/V1/?key=APIキー"
        XPath="/Results/Area/Region" runat="server">
        <Transform>
            <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
            <xsl:stylesheet version="1.0"
                xmlns:xsl="http://www.w3.org/1999/XSL/Transform">
               <xsl:output method="xml" version="1.0" encoding="UTF-8" indent="yes"/>
               <xsl:template match="*">
                  <xsl:element name="{local-name()}">
                      <xsl:for-each select="@*">
                         <xsl:attribute name="{local-name()}">
                            <xsl:value-of select="."/>
                         </xsl:attribute>
                      </xsl:for-each>
                  <xsl:apply-templates/>
                  </xsl:element>
               </xsl:template>
            </xsl:stylesheet>
        </Transform>
    </asp:XmlDataSource>
    </form>
</body>
</html>
データ量が結構多いので、TreeViewのExpandDepthを0にして初期表示では要素を展開しないようにし、 asp:TreeNodeBindingのPopulateOnDemandをTrueにして動的にバインドさせています。

|

« ASP.NETのTreeViewにXMLをバインドする | トップページ | Atlasを使った、じゃらんWebサービスサンプル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12438/12307343

この記事へのトラックバック一覧です: ASP.NETのTreeViewにXMLをバインドする その2:

« ASP.NETのTreeViewにXMLをバインドする | トップページ | Atlasを使った、じゃらんWebサービスサンプル »