« Flex2のエフェクト | トップページ | Yahoo User Interface Library - Yahoo.util.Animクラス - »

2006年8月18日 (金)

Yahoo User Interface Libraryのエフェクトサンプル

先日はFlex2のエフェクトについて書きましたが、DHTMLでも動きのあるページを作ることは出来ます。
そのようなページの作成を補助してくれるJavaScriptライブラリは幾つかありますが、Yahoo User Interface Libraryを使った サンプルを少しご紹介したいと思います。

まずは、こちらからYahoo UI Libraryをダウンロードします。
ダウンロードしたファイルを解凍すると、examples、docs、buildというフォルダがあり、buildフォルダ以下にjsファイルがありますので、 これらを目的に応じてインクルードして使用します。
なお、yahoo フォルダの yahoo.js は常にインクルードしておきます。

エフェクトは、animation フォルダの中の animation.js 内のクラスを主に使用します。
どのようなことが出来るかはサンプルページを実際に見ていただいた方が早いと思いますので、興味のある方はサンプルページを見てみてください。
Yahoo User Interface Libraryのエフェクトサンプル

明日以降、クラスの使い方などを簡単に書いてみたいと思います。

|

« Flex2のエフェクト | トップページ | Yahoo User Interface Library - Yahoo.util.Animクラス - »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12438/11488431

この記事へのトラックバック一覧です: Yahoo User Interface Libraryのエフェクトサンプル:

« Flex2のエフェクト | トップページ | Yahoo User Interface Library - Yahoo.util.Animクラス - »