« Spry framework for Ajax | トップページ | 【Flex2】 イベントハンドラをセットする »

2006年7月 7日 (金)

Adobe Flex2 リリース & ついでにHello World

先日、もうすぐリリースになりそうと書きましたが、すでにリリースされていました。
Adobe Flex2

ドキュメントはまだ英語だけみたいです。
SDKはフリーとのことですので、早速ダウンロードしてみました。
レイアウトはMXMLと言われるXMLファイルで行うようです。
GUIのレイアウトはXMLで、というのが多くなってますね。

コンパイラはmxmlcとcompcの2種類あるようです。
mxmlcはMXMLのコンパイルを行いSWFファイル(アプリケーション)が、compcはActionScriptをコンパイルしてSWCファイル(コンポーネント)が出来るみたいです。

で、ダウンロードした以上は何か作りたいということで、早速以下のようなMXMLファイルを作成し、helloworld.mxmlという名前で保存しました。
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<mx:Application xmlns:mx="http://www.adobe.com/2006/mxml">
    <mx:Text text="Hello World" fontSize="20" />
</mx:Application>
さて、これをコンパイルするんですが、コンパイラがJavaを使用しているようで、JREへパスを通す作業が必要みたいです。
また、Flex2 SDKのbinやframeworkフォルダへもパスを通す必要があるようです。
そこで、今回は以下の様なバッチファイルを作りました。
@set SDK_PATH=D:\MyDocuments\Flex\flex_sdk_2
@set JAVA_PATH=C:\Program Files\Java\jdk1.5.0_06

@set PATH=%SDK_PATH%\bin;%SDK_PATH%\frameworks;%JAVA_PATH%\bin;%JAVA_PATH%\lib;%PATH%
@set LIB=%SDK_PATH%\lib;%LIB%
@set JAVA_HOME=%JAVA_PATH%\jre

mxmlc helloworld.mxml

@pause
これを実行して、めでたく helloworld.swf が完成しました。
そのファイルがこちらになります。
サンプルページを見るにはFlashPlayer 9 が必要です。

しばらくはこれで遊べそうです。
Flex2については、自分自身の備忘録を兼ねて勉強しながらボチボチ書いていこうと思います。

|

« Spry framework for Ajax | トップページ | 【Flex2】 イベントハンドラをセットする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12438/10820394

この記事へのトラックバック一覧です: Adobe Flex2 リリース & ついでにHello World:

« Spry framework for Ajax | トップページ | 【Flex2】 イベントハンドラをセットする »