« 【JavaScript】クラスを定義する | トップページ | 【HTML】Conditional Comments »

2006年6月15日 (木)

JavaScriptをFireBugでデバッグ

JavaScriptのデバッグって結構面倒ですよね。
alertで値を確認したりして。
タイマーで定期的に呼び出される関数内に、うっかりalertを仕込んで悲しい思いをしたことありませんか?
そんな時は、FireBugをお試し下さい。
気になる場所にブレイクポイントを設定して、ステップ実行しながら値を確認したり、Spy++でウィンドウを選択する時のように HTMLの要素をマウスで部分的に選んでソースを見たりすることが出来ます。
XMLHttpRequestの通信も見れますので、Ajaxを使った開発にも役立つ存在ではないでしょうか。
Firefoxのアドインなんですが、非常にオススメです。
以下のリンクよりダウンロード出来ます。
FireBug :: Mozilla Add-ons :: Add Features to Mozilla Software

追記:FireBugのインストールと使い方を簡単に書いてみましたので、そちらもご覧下さい。
FireBugのインストールと簡単な使い方

|

« 【JavaScript】クラスを定義する | トップページ | 【HTML】Conditional Comments »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12438/10529218

この記事へのトラックバック一覧です: JavaScriptをFireBugでデバッグ:

« 【JavaScript】クラスを定義する | トップページ | 【HTML】Conditional Comments »